オベリットと烏龍茶で減量を目指す

ゼニカルのジェネリック医薬品であるオベリットは、オーリスタットを含有しています。オーリスタットは体内における脂肪の吸収を抑制するため、食べ過ぎでも脂肪が蓄積されません。また適切な食生活を送ることで、摂取カロリーが低くなれば脂肪燃焼効果があります。オベリットは、無理な食事制限をしないので、リバウンドしないで減量が可能です。そして、烏龍茶を飲む習慣を作るとさらに効率良く減量に成功します。オベリットは食事の前に飲みますが、烏龍茶は食事中や食後などいつでも好きなときに飲みます。運動前に飲むと脂肪が燃焼されやすいです。烏龍茶は脂っこい料理が多い中華料理と一緒に飲まれることが多いですが、ポリフェノールがダイエットと深い関わりがあります。ポリフェノールには抗酸化作用やコレステロール値の低下などの効果があります。食事で摂取した脂肪分を分解して体に蓄積しにくくします。烏龍茶はマイナスカロリーだといわれます。サポニンが食事の脂肪を分解することで、全体の消費カロリーがマイナスになるためです。1杯飲むだけで40キロカロリーのエネルギー消費が増えます。体に溜まった脂肪は1gでおよそ7キロカロリーのエネルギーとされるので、1日1杯飲むだけでもおよそ6gの体脂肪を減らすことができます。また高い利尿作用があり、デトックス効果で減量が期待できます。ただし烏龍茶は空腹時に大量に飲むことは控えます。カフェインやタンニンが胃液の分泌を促進するため、空っぽの胃に胃液だけが満たされ胃にムカつきや不快感を伴います。カフェイン自体は神経を興奮させて、日中を活動的に過ごせるためある程度摂取するとダイエットをサポートしてくれます。